3分で分かる!AmazonのFireタブレット8GBのメリット・デメリットまとめ

シェアする

スポンサーリンク
こんにちは〜、がわです。
 
Amazonプライム会員となって1年が経ち、ついに買ってしまいました。
 
Fireタブレット8GB!
 
 
もう買って使用してから2ヶ月ほどが経ちますが、Kindle本を読んだり、動画見たりするときに重宝しています。
 
 
Amazonプライム会員の方なら買わないと確実に損!
さらにはプライム会員じゃない方も買って損はないと言える一台でした。
 
ということで、実際に使ってみたFireタブレットのレビューをしていきたいと思います。
 
まずはFireタブレットのメリットから書きたいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.Fireタブレットのメリット

1.1 プライム会員なら4,000円引きで買える

 
プライム会員ならFireタブレット 8GBが今なら4000円引き4,980円で買うことができます。
(4,000円引きセールが再び復活している模様)
 
 
高コスパなタブレットが4,000円引きで買えるのはお得ですね。買うなら今しかありません。
 
 
このキャンペーンはいつ終わるか分からないので、買いたいと思っている人は今のうちに買った方がいいでしょう。(実際、以前のプライム会員限定4,000円引きセールはなんの前触れもなく終了しています。)
 
 
また、4,000円引きを受けるためには、クーポンコードを入力しなければなりません。
詳しくは下記のサイトから見てください。
 

1.2 Kindle本が読みやすい

 
 
Kindle本はKindleタブレットに引けを取らず、読みやすいです。
 
Kindleタブレットの場合、ページめくりの際に暗転してしまうことがありますが、Fireタブレットだと暗転せずにスイスイめくれます。
 
もちろん、文字の大きさや明るさ、ブルーライトカットもあるので、読書好きには快適です。
 

1.3 プライムビデオが快適

 
プライムビデオがFireタブレットの最大の利点です。
 
ストリーミング再生するのはもちろんのこと、microSDや内蔵ストレージにダウンロードしてネット環境がないところでも見れるようになっているので、夜寝ているうちにダウンロードしといて、移動時間や休憩時間にパッと見ることだってできるんです。
 
(さすがにビデオダウンロードだと内蔵ストレージは少ないので、microSDを1枚購入することを強くオススメします。)
 

1.4 プライム会員なら誰でもKindle本1冊無料

 
プライム会員には「Kindleオーナーライブラリー」という、Kindle本が毎月1冊無料になるサービスがあります。
 
 
これは知らない人が多いかもしれませんが、このサービスはプライム会員でもさらに、Kindleタブレットか、Fireタブレットを持ってないと適用されないんです!
 
7つの習慣や、夢をかなえるゾウなど、有名本が多数そろっており、無料で読めちゃうので、お得ですね。
 

1.5 microSDを買えば、電子書籍&Amazonビデオが大量に保存可能

 
昔は、Kindle本はFireの内蔵ストレージにしか保存できないようでしたが、今ではAmazonビデオもKindle本も両方ともmicroSDカードに保存することができます。
→ 参考: 「Fire タブレット 8GB」のアップデートでSDカードに「Kindle本」の保存が可能になった
 
みなさんもmicroSDを買うことをオススメします。絶対に買った方がいいです。
僕は64GBのmicroSDを購入して、全部そこに保存していますね。
 
 

2.Fireタブレットのデメリット

2.1 少し重い(313g)

 
Fireはあおむけに寝そべって片手で本を読もうとすると、重くて途中で腕が疲れてきます。
 
KindleタブレットとFireタブレット、あとはiPhoneの重さを比べてみると以下の通りです。
 
 
Kindle… 161g
Kindle Paperwhite… 205g
Fire… 313g
Fire HD8… 341g
iPhone6… 129g
iPhone6s… 143g
iPhone7… 138g
 
 
これ見ると、FireはiPhone6sを2枚重ねてさらにそれ以上の重さがあるのです。
 
なので、片手であおむけでKindle本読もうとすると結構辛い…
両手で持つならなんとかいけますが。
 
なので、座って本を読むか、うつ伏せに寝転がってビデオを見るというスタイルが一番良さそうです。
 
重いとは言っても、座って読む分には全然重くないですからね。
 

2.2 ネットなどの動作が重い

 
ちょっとした調べ物をしようとした時はFireは動作が多少重いので、オススメしません。
 
残念ながらiPhoneなどのスマホでした方が断然速いです。
 
僕はiPhone6を使用していますが、ネットサーフィンはiPhone6の方が速いです。
 

2.3 microSDを買わないと容量少ない

 
8GBのFireタブレットだと、実際に使える容量は5GBくらいしか無いので、microSDを買う前提で買った方が良いと思います。
 
そんなに本読まないし、Amazonビデオダウンロードしないという方はmicroSDは要らないのかもしれませんが。
 

3. Fireといっしょに買うべきアクセサリ&付属品まとめ

 
Fireと同時に気になるのは、カバー、保護フィルムなどのアクセサリは何を買うべきかですよね。
 
僕が購入したものから紹介しますね。
 
 
microSDカードはさっきから言ってるようにFire 8GBの内蔵ストレージでは物足りません。
 
 
このカバー可愛くないですカァァァァ???
Amazonダンボール風のカバーになってます。
 
女子ウケ良さそうかな?と思ったけど、そんなことないのかな?←
 
 
 
 
また、このように横置きスタンドとしても使えるので、有能カバーです。
 
 
そして、保護フィルムですが、これはなんでも良いんじゃないかと。
何も貼らないと液晶が傷つきやすくなるので保護フィルムは貼った方がいいですね。
 
この3つです。
プラスで怖い人は事故保証をプラスしても良いかもしれません。
 
 
別に、Amazonダンボールカバーでなくてよい、カバー・保護フィルム・microSDが最低限付いていればよいという人は、スターターセットというお得な3点セットがあるのでそちらも考えてみてはいかがでしょうか。
 

3. まとめ

 
実際に2ヶ月ほど使ってみてFireタブレットは次のような人にオススメです。
 
 
・プライム会員の人
・Amazonビデオをよく見る人
・Kindle本や電子書籍をたくさん読む人
・コスパ重視でタブレットを選びたい人
・スペックは少し低くても良い人
・2台目以降のタブレットを考えている人
 
 
逆に、こんな人には向かないかもしれません。
 
 
・初タブレットを探している人
・プライム会員じゃなく、かつAmazon自体もそんなに利用しない人
・読書用タブレットとして欲しい人(この人は絶対にKindleタブレットの方がいいです。)

・スペックを求める人
 
 
スペックを少し求める人は少し重量は重くなるけど、Fire HD8の方がいいかもしれません。
 
 
結論としては、読書&Amazonビデオ見るときに使うだけで、使用頻度はめっちゃ高いわけではない。ネットサーフィンはiPhoneでやっちゃうしね。
 
ってことです!
以上!