人が最も幸せになる方法は「与える」ことである

シェアする

スポンサーリンク
 
こんにちはー!がわです。
 
みなさんは人にお金を使ったり、モノをあげたりするのが好きですか?それとも嫌いですか?
 
 
僕は今まで人にお金を使うことがあまり好きではありませんでしたが、最近あるきっかけがあり、人にお金を使うのが好きになりました。
 
人にお金を使うと、まわりまわって最後は自分に返ってくるって言いますが、本当にその通りだと思います。
 
 
人にお金を使うことを否定する人の中には、
 
 
・えー、人にお金を使うって、おごるってことでしょ?
・金に目眩んだ人しか来ないじゃん
・人より自分にお金を使った方が成長できるし、幸せだろ
 
 
という人もいると思います。
 
しかし、 人にお金を使う、モノを与えるってこんなに素晴らしくて与えた自分が幸福になるんだということを伝えたい。
 
そう思い、この記事を書いています。
 
 
人は自分勝手な生き物です。
 
だいたい考えてることは
 
 
・お金欲しい
・なになにしたい
・(電車内で)座席に座りたーい
・おなか空いた
・勉強だるい
 
 
どれも自分の欲望のことばかりです。
 
しかし、自分の欲望にばかり目を向け、人に奉仕を全くしないとそれが自分の不幸につながっていきます。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. プレゼントを喜ばない人はいない

基本的にプレゼントをもらって喜ばない人はいないと思うんです。
 
誰だって、お別れや感謝の意を込められたときのプレゼントって嬉しいですよね?
 
プレゼントしかり、食事をおごるしかりですが、こういう何か人にお金を使うって人を幸せにする行為なんです。
 
 
寄付なんて人にお金を使う最たる例であって、ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツなどの名だたる大富豪が財団を設立して多額の金を貧しい人たちに寄付しています。
 
 
彼らは人にお金を使うことがどれだけ素晴らしいことか知っています。人を喜ばせれば、その人が口コミをしてくれて、こいつは良い人だという影響が広がっていくからです。
 

2. 人を幸せにすること=自分の幸せになる

だから、人に何か与えることはひいてはいずれ自分の幸せにつながっていくのです。
 
与えることは
 
 
企業も本来は人の役に立つことが目的です。
利益も追求しなければもちろんやっていけませんが、
誰の役にも立たない自己中な企業はとっくにつぶれています。
 
不適切会計なんてやってるところがそうですよね。
自分の事しか考えない企業はどんどんつぶれていくんです。
 
 
そして今やっている、ブログを書くことだってそうです。
 
日記のようなブログよりも、お役立ちのような人の役に立つブログの方がよく読まれるのはそういうことです。
誰だって、ブログは人に読まれたいし、PVがほしいものです。
 
そこで、独りよがりな記事しか出していなければPVは上がりません。
やはり、読んでいる人を幸せにする、その視点でやっていくことで自分の目的達成や幸せにつながっていくのではないかなと思います。
 
 

3. 人にお金を使うことは一時のお金を失うかもしれないが…

食事をおごったり、プレゼントをあげたりって、もらうことしか考えていないやつにとっては何のメリットがあるんだ?と思うかもしれません。
 
プレゼントなんてただの自己満だとか、おごったところで相手はラッキーとして思ってないだろとかね。
 
 
確かに人にお金を使うことは、自分のために使っていないので、自分にはなにも残りません。
 
お金的にはマイナスの支出です。
 
 
しかし、人にお金を使い、モノを与えることで得られることがあります。
 
 
それは、人からの信頼です。
 
 
一時のお金を失うことになりますが、一生ものの信頼が構築されていくことになるのです。
 
 
自分だけではどうにもできない時ってありますよね?
そのときにはあなたが助けた人が真っ先にあなたに手を差しのべてくれます。
 
 
僕は塾講師をやっていますが、今までたくさんの生徒を無償(延長やボランティアなど)で教え、おごったり、合格祝いなどのプレゼントをあげたりしてきました。
 
人間、無償の奉仕というものは覚えているもので、そのたびに信頼は増していき、塾内では他講師に負けない信頼度があります。(もちろん、授業力という意味でも)
 
 
信頼を得ない人は幸せにはなれません。
 
 
なぜなら、この社会は人と人とのつながりで出来ています。
どれだけお金を持っていたとしても、どれだけ裕福な生活送ろうとも、その人に対する信頼度が低いとまったく幸福度は高くないのです。
 
考えてみてください。周りの誰からも信頼されていない自分を。
 
想像しただけでもうつになってしまいそうじゃないですか?
 
 
それだけ人からの信頼を得ること、そしてそのためには与える、Give and Giveが大切なんだということです。
 

4. もらうだけのやつは誰からも信頼されない

僕の周りだけかもしれませんが、信頼される人は人にお金をたくさん使っている人が多いと思います。
 
 
誕生日にはプレゼントを買い、別れの際にはプレゼントと手紙というように、祝いや別れの時には必ずプレゼントをあげたり、食事をおごったりします。
 
 
逆に、自分からはなにも与えず、人からもらおうとだけするやつもいます。
 
 
見ていて心が貧しいなと思うと同時に、そういう人は誰からも信頼されていない。
直接その人に言葉では言いませんが、その人のためになにかやってあげよう、自分から働きかけようなんて思うことはないのです。
 
 
しかも、もらうだけの奴は人に見透かされます。
 
 
「あぁ、あいつはそういうやつなんだ」と思われてしまい、
人と深い関係、信頼関係を築くことができないと思います。
 
 
実際あなたのまわりにいませんか?そういうやつ。
 
自分からは何もあげようとしないくせに、ちょうだいちょうだいしか言わないやつ。
 
そういう人は表ではうわべ上の付き合いをしますが、裏ではまったく信頼されていないはずです。
 
 
とにかくどんな相手であろうとまず自分から「与える」。
そうすることでどんな相手からも信頼されるすばらしい人間になることができるのだと思います。
 
 
 
僕もこれからはこのブログでどんどん情報を出すし、人に様々なカタチで奉仕をしたい。与えてあげたい。いろんな人を幸せにして、僕も幸せになる。
 
それが人が世界で幸せになるいちばんすばらしい方法だと思うから。