グーグルアースのフライトシミュレーター機能が無料なのにすごすぎる件

シェアする

スポンサーリンク

みなさんGoogle社が出しているGoogle Earthはご存知ですか?
 
Google Earthは衛星写真や航空写真が元になっており、道や建物など細部にわたって超リアルな地図が3D表示で見られるので、これだけでも全然満足できます。
 
だがしかし!
 
Google Earthはとんでもない機能を隠し持っていました!
 
それが今回ご紹介するフライトシミュレーター機能です。
(だいぶ前に実装されたものなので何をいまさら…という方もいると思いますのでそういう方はスルーでけっこうです笑)
 
あ、これPC限定なのでスマホの方はごめんなさいm(_ _)m
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. Google Earth内で飛行機が操縦できる!?

 
フライトシミュレータ機能は、Google Earthの3D画像の中を飛行機で飛び回るというシミュレーターになっていて、もちろん高度なども正確です。例えば、富士山はきっちり3776mになってますし、場所も正確です。
 
今日は成田国際空港から中部国際空港に着陸して、そこから関西国際空港まで行こう!なんてこともできますし、イギリスのヒースロー空港からフランスのシャルルドゴール空港まで行こうなんてこともできます。
 
で、飛行中も画面上に地名もきっちり表示されるので地理の勉強なんかにも持ってこいなんじゃないでしょうか?
遊びながら地理が学べます。
 
男心をくすぐる素晴らしい機能ですよね!
 
まあ、こんなことばっかしてると半日潰れちゃうんですけどね。笑
 
以下の動画が実際に飛行している動画です。
 

2. フライトシミュレータ機能の起動方法

 
まず持ってない方はGoogle Earthをダウンロードしてください。
 
PCにインストールした方はGoogle Earthを起動して、
 
メニューバー→ツール→フライトシミュレータを開始
 
とやるか、
 
Windowsの方はCtrl+Alt+Aキーを同時押し、Macの方はコマンド+Option+Aで起動します。
 
すると、以下の画面が出ます。画面のように通常はF16(戦闘機)とSR22(プロペラ機)の2種類が選べますが、MODを使うと何種類かさらに増やせるようです。
 
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-0-14_No-00
 
初めてやる方、初心者は速度の遅いSR22から始めると良いでしょう。
 
あとは現在見ている場所(現在のビュー)か離陸したい空港かを選んでOKを押せば飛行機を飛ばすことができます。
 

2.1 Google Earthのフライトシミュレーターはかなり本格的

 
え?しょせん無料のフライトシミュレータなんだから余裕っしょ!
 
とか抜かしたあなた。
あんまりなめないほうがいいですよ。
 
Google Earthのフライトシミュレータは、はっきり言ってクソむずいです。笑
 
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-11-20_No-00
 
とりあえずプレイ画面はこんな感じでかなり本格的なことがわかると思います。
画面上の山は、かの有名な富士山ですね。
 
さらに地面に激突したりして落ちるとこんな画面が出てきます。
 
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-14-11_No-00
 
ただ、操作が難しいからこそできたときの達成感は大きいもので休みの日はフライトシミュレータをして日本や世界を飛び回ってます。
 
とくに着陸が異常にむずかしいのですが、着陸を完璧に決めたときの爽快感はハンパないです。
 
離陸・着陸のコツは後ほど述べたいと思います。
 

3. 操作方法

 
操作方法は以下のとおりです。
 
コマンド入力 WIN/Linux キー入力 MAC キー入力
起動および終了 Ctrl+Alt+A or Escape コマンド+Option+A or Escape
オプションを開く Ctrl+Alt+A コマンド+Option+A
パイロットの視点を回転 矢印キー+Alt or Ctrl 矢印キー+Alt or Ctrl
ヘルプを表示する Ctrl+H
推力アップ PageUp PageUp
推力ダウン PageDown PageDown
補助翼左 左矢印 左矢印
補助翼右 右矢印 右矢印
昇降陀を押す 上矢印 上矢印
昇降陀を引く 下矢印 下矢印
垂直尾翼左 Insert Insert
垂直尾翼右 Enter(テンキー) Enter(テンキー)
垂直尾翼左 Shift+左矢印 Shift+左矢印
垂直尾翼右 Shift+右矢印 Shift+右矢印
昇降陀トリム下向き Home Home
昇降陀トリム上向き End End
昇降陀トリム下向き Shift+上矢印 Shift+上矢印
昇降陀トリム上向き Shift+下矢印 Shift+下矢印
フラップ下降設定 左かっこ(<) 左かっこ(<)
フラップ上昇設定< 右かっこ(>) 右かっこ(>)
フラップ下降設定< Shift+F Shift+F
フラップ上昇設定 F F
補助翼と垂直尾翼を中央に戻す 5 5
補助翼と垂直尾翼を中央に戻す C C
着陸装置の展開/格納 G G
左輪ブレーキ ,(カンマ) ,(カンマ)
右輪ブレーキ .(ピリオド) .(ピリオド)
一時停止 Space Space
HUDの切り替え H H
引用:http://www.alptr.net/
 
こんだけあると訳わかりませんが、基本使うのは
 
・速度アップダウンの「page up」「page down」キー
・地上では左右に動かし、同時押しでブレーキの「、」「ピリオド」キー
・高度を上げるためのFLAPを出す「F」キー
(Shift+F同時押しでFLAPを減らすことが出来ます)
・GEAR(車輪)を出す「G」キー
 
これさえ知っておけばとりあえず快適な空の旅を楽しめます。
 
あとは矢印キーで左右上下旋回ができると他のサイトには書いてありますが、マウスで操縦する方が断然ラクです。画面を1回左クリックすると、マウスで操縦できるようになるので初心者は特にマウス操作がオススメです。
 
また、もう1回左クリックすると画面ロック状態になります。
 

4. 離陸方法と最強に難しい着陸のコツ

 

4.1 離陸の方法

 
離陸の方法はいたって簡単です。
 
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-18-30_No-00
 
画像のように滑走路に飛行機を置いたら、地上では「、」キーで左、「ピリオド」キーで右に旋回し、「page up」キーで速度を上げていきます。それと同時に「F」キーを押してFLAPを〜80%ほどまで上げていきます。
 
するとカンタンに離陸できます。
 
初心者の方でも離陸は割とすんなり出来てしまいます。
問題は着陸ですよ…。
 

4.2 着陸の方法とコツ

 
着陸させる場合、離陸と違って方法を知っていても難易度がかなり高く、普通に墜落してしまうので「方法とコツ」とさせていただきました。
 
フライトシミュレーターを知って半年以上が経ち、操作にはだいぶ慣れましたが、いまだに着陸するときに失敗することが多々あります。
 
滑走路を外れたり、普通に墜落したり…
どうしても着陸の時は身構えてしまう。笑
 
長年培ったコツも含めた着陸の手順はこちら。
 
まず、着陸したい空港の滑走路に平行になるように機体を調整する(まずこの時点で初心者にはムズイ。笑)
「F」キーを押してFLAPを20〜40%ほどにして機体の速度を落とし、さらに高度も1000m以下に下げていく。
空港が近づいてきたら「G」キーを押してGEAR(車輪)を出す。「page down」キーを押して速度をさらに落とし、300km/h以下にする
ここまで出来たら着陸準備完了。
滑走路が見えたら滑走路に向かって突っ込むのではなく(そんなことしたら墜落します。笑)、地面と平行になるように慎重に着陸します。
無事地面に着陸したら、「、」と「ピリオド」キーを同時押ししてブレーキをかけます。
 
 
ムズ過ぎ。
 
フライトシミュレータ機能を初めて知って何度も着陸練習して何回墜落させたことか…
 
本物のパイロットがどんだけ凄いかが分かります。
 
でも着陸にはムズイからこそ得られる達成感がありますよ。笑
 
とにかくこの「着陸」が出来るようになれば、ホントにどこでも飛べるようになります。練習しましょう。
 

5. 月や火星も飛べる

 
地球飽きたわ〜
地球じゃ物足りねぇ!
 
って人は月や火星も飛ぶことが出来ます。
 SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-24-43_No-00
まず、画像のように行きたい星を選び、
 
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-25-15_No-00
SnapCrab_NoName_2016-2-5_9-25-46_No-00
 
 
普通に飛ばせます。
ただ、もちろん目新しさだけで正直なんにも無いので、宇宙大好き人間じゃないとすぐ飽きます。笑
 

6. まとめ

 
グーグルアースにこんなに面白い機能はあったとは…
さすがGoogleですね。まとめると、
 
・使い方によっては子どもの興味を持ってもらいにくい地理の勉強にも役立ちそう。グーグルアースだけでも興味を持ってもらえそうだが、フライトシミュレータで好奇心旺盛な子どもの心をつかめる。
・操作も本格的で難しめだし、フライトシミュレータとして単純に面白い。
・F16で着陸成功させたらもうあなたは一人前です。
 
グーグルアースのフライトシミュレータで、空港をたくさん経由して1度も墜落せずに世界一周とかしたら面白そう!今度やろう。
(なお、そんなことしたら丸1日つぶれる模様)
 
あと、ここのサイトはフライトシミュレータのサイトになっていてオススメですよ。