残り1ヶ月!2016年神奈川県公立高校入試までにやっておきたいこと

シェアする

スポンサーリンク

今年の神奈川県公立高校入試まで泣いても笑ってもちょうど残り1ヶ月となりました。

入試まであと1ヶ月を切ってやってほしいこと、やってほしくないことをまとめてみたので自分の行動を今一度省みるようにしましょう。

まずはやってほしくないことから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 入試までにやってほしくないこと

1.1 基本問題集をやり直す

これ、やる人いますが絶対にやめてください。

基本問題集をやる時期なんてとうの昔に過ぎています。

今あなたがやるべきことは基本問題集ではなく、あなたが受ける高校の過去問やその対策問題集、模試の復習です。

基本問題をいくらやっても入試問題を解けるようにはなりません。実践してみることが大切です。
入試問題を解けるようになりたければ、入試問題を解く。
いたって当たり前のことです。

なので、

基本問題→入試問題

ではなく、

入試問題→基本の確認

の順番で自分の知識の穴を埋める勉強をしましょう。

入試問題を解いていく上で自分には何が足りないのか、どんな知識を覚えておかなくてはいけないのかを知り、そこから逆算して基本知識をインプットしていくという
アウトプットを伴ったインプットをしていくようにしましょう。

もう受験まで残り1ヶ月。
時間のかかる非効率な勉強をしてる暇なんかありませんよ。

1.2 間違えた問題の解説を読まないし、やり直さない

自分が間違えた問題をやり直さないなんて最悪です。
なんのために問題を解いているのか分からない。

もし間違えた問題の類題が出たらもちろん解けるはずがないですよね?

その問題をなぜ間違えたのか、どの知識が足りなかったのかを解説を読んで理解し、次やるときは絶対に間違えないようにすることが大切です。

そのために間違いノートを作ること、そしてそのノートに自分なりの解説を書き、人に説明できるくらい理解することが大切です。

問題集の解答解説には全員にわかるような説明しか書いてありません。

あなたが分からなかった問題や部分はその解説には載ってないかもしれないですよね?
だから必ず自分の言葉で解説を間違いノートに書くようにしましょう。

とにかく間違えた問題は理解するまでトコトンやることを心がけるようにしてください。

それをする人が残り1ヶ月で点数がグンと伸びてくる人です。

1.3 模試のやり直しを怠る

模試は受けただけではまったく意味がありません!

むしろ模試を受けたあとが非常に大事です。
みなさん気にするのはだいたい点数とか志望校の判定ですが、はっきり言ってそんなのどうでもいい。

もっと気にしてほしいのがどこの問題を間違えてどこの分野で点を落としているのか、つまり自分の苦手分野、問題を知ることが重要なのです。

とにかく間違いを少なくして得点を上げることが志望校の合格へつながるのです。
当たり前かつシンプルなことです。

模試は入試問題に傾向を寄せた問題集と認識するようにしましょう。

1.2に書いたように模試も間違いノートを作成して出来なかった問題は次やるときに必ずできるようにしておきましょう。

2. 入試までにやっておきたいこと

2.1 夜型の人は朝型にする

みなさん夜遅くまで勉強してる人が多いと思います。

ここで突然ですが、質問です。
入試の日の受験時間はいつでしょう?

ですよね?

なので、朝は眠いから夜やるという人や夜更かししてまで勉強する人は入試本番に力を発揮できない可能性が大きいです。

だって朝に入試があるのに朝、頭が働かなかったら持ってる力の半分も出せないでしょう?

毎晩23時には寝るようにして毎朝6時起きができたら理想です。
それには家族の支援も大事ですね。
夜はスマホもテレビも見せないというようにすれば寝るしかないので良いと思います。

夜型人間の人は残り1ヶ月のこの時期に朝型の習慣をつけて入試に臨むようにしましょう。

2.2 予想問題集だけでなく、全国高校入試問題正解もやるべき

神奈川県公立高校入試は平成25年度入試から傾向がガラッと変わりました。

特に大きく変わったのは数学、理科です。

たしかに予想問題集は傾向をつかむためにやるのは良いかもしれません。
実際の自分の時間配分、ペースを知る必要がありますからね。

しかし、最近の予想問題集ではまだまだ新傾向の神奈川県公立高校入試に対応できていないような気がします。

24年度入試以前の高校入試なら市販の予想問題集だけでいいよーと言っていましたが、今はもう違います。

大きく変わった数学、理科をはじめとして毎年、神奈川県公立高校入試は非常に質の高い問題を揃えてきています。

正直、予想問題集じゃ最近の神奈川県高校入試に比べたらどれも簡単すぎる。

神奈川県は自分の頭で考えさせる問題を増やしてきており、市販の教材だとそういう問題をちょっとやそっとじゃ作りづらい。

そこで、予想問題集、過去問でだいたい傾向をつかんだら全国高校入試問題正解をひたすら解いてください。

また、僕が尊敬する塾、慧真館のブログでも全国高校入試問題正解の大切さについて言及しています。

→ 偏差値70以上も夢ではない。驚くほど力が付く全国入試問題正解の使い方。

全国高校入試問題正解で神奈川県以外の県に目を向けてみると、非常に良問が揃っていることがわかります。

どの県も1年かけて問題を作成してきていますからね。
たまに模試に出てくるような悪問なんて1題もありません。

他の県の問題見ちゃうと神奈川県なんてカンタンに見えてきますよ笑

理科の話をすると、神奈川県で最近トレンドの数理融合問題、長い問題文、実験結果から考察させ、グラフ、記述を書かせる問題をやりたいならこの問題集しかありません。

そういう問題は全国高校入試問題正解にめちゃくちゃありますよ。絶対にやるべきです。
特にやってほしい問題はTwitterでもつぶやいていこうかなと思います。

予想問題集だけやっても特に理科なんかは太刀打ちできません。
なぜかって予想問題集は実際の入試に比べて薄っぺらい問題が多いんですよ。

本当に点数が取りたいなら全国高校入試問題正解1択です。間違いありません。

3.まとめ

どれも残り1ヶ月でやっておきたいことというより、受験勉強の基本の再確認といったところでしょうか。

ついに神奈川県公立高校入試まで残り1ヶ月を切ってきました。
もうマラソンで言うと40kmは走り終えたといったところでしょうか。

残り約2km!ラストスパートです。
ギアを落とさず走りきれ!駆け抜けろ!

最後に慧真館のブログで同じような記事があったので参考にしてください!
(もちろんたまたまかぶっただけでパクったわけではないですよ!笑)

→ 受験までラスト1ヶ月。受験直前にやるべきこととやってはいけないこと。

本当に慧真館のブログは受験生をはじめ、来年から受験生となる中2、保護者様方に見てほしいです。
こんなにタメになる情報はないです。

僕も塾講師として慧真館のブログは勉強になることが非常に多いです。

この時期、ネットはダメでも慧真館を見るなら許しますよ。笑