就活をしていて感じた就活のメリットとデメリットとは?

シェアする

スポンサーリンク
 
今年の3月から6月前半まで常に就活のことしか考えなくなってしまいました。
ブロガーの中には、人気ブログであるやぎろぐを経営している八木さんやイケダハヤトさんのように会社に就職するのではなく個人でフリーランスとしてやっている方もいますが、
 
僕は「普通」の人は通る関門である就活を経験しました。
 
その就活を経験して思ったメリット・デメリットについて書きたいと思います。
ここで書いた記事が来年、再来年就活する人の役に立てばと思っています。
 
そもそも就活っていうのは就職するための過程であって目的じゃないんだからメリット・デメリット考えること自体がおかしいだろ!とか思われそうですが、
 
ふと就活自体になにか意味はあるのだろうか?と考えたときにメリットとデメリットをまとめようと思いました。
 
また、こういうことを考えないと就活のストレスに押しつぶされそうだったので考えてみました。笑
 
というわけで就活をやってみてのメリットとデメリットを綴っていこうかと思います。
まずはメリットから。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 就活のメリット

1.1 自分をもう一度見つめ直すことができる

 
いわゆる自己分析というやつですが、自己分析をすることで
今まで自分はどう生きてきたのか?、自分はどんな人間なのか?、自分はこの先どうなりたいのか?
 
というように自分を見つめ直すことができます。
 
就活に限らず、自分をよく知ることは重要で、
楽しい・向いていると思っていたけど実は大して楽しくないのに仕事・大学を選んでいてしまっていて本当はその仕事に向いていないという人ものすごい多いと思います。
 
自己分析を行うことでそういったミスマッチを防ぐとともに自分が本当はどんな人間になりたいのかが知れるので、就活はその一手を担う意味でメリットになると思います。
 
自己分析にはこちらの本がオススメです!
※この本には自分の強みが分かるWebサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスIDが付いていますが、中古で買うと付いていないので、必ず新品で買うようにしましょう。
 
 

1.2 様々な企業を知ることができる

 
企業研究をする事で、今まで自分が知らなかった様々な魅力的な企業を知る事ができます。
 
 
B to C企業(私たち消費者に商品を売っている会社)はみなさんよく知っている企業が多いかと思いますが、B to B企業(企業や法人向けに商品を売っている会社)にも優良企業が多いです。
しかし実は聞いた事のない企業だったという事が数多くありました。
 
そういうB to B企業などの説明会やインターンに参加してみることで、この企業はこういうところで日本社会を支えているんだ〜とかこういう業界があるんだな、知らなかったけど、こんなサービスや商品を提供してたんだなどという一面が見られるので、知的好奇心を存分に満たしてくれます。
 
 
そういう点で就活はプラスだったんじゃないかと思いますね。
 

2. 就活のデメリット

2.1 就活の間は何やっても楽しくない

 
就活の間は頭が完全にエントリーシート出さなきゃ!とか自己分析!企業研究!というように就活のことしか考えられなくなる「就活脳」になってしまいます。
 
就職はこの先何十年って勤める、一生を左右する会社を決める一大イベントなので、そりゃそうです。
 
就活ってやってみるとものすごい大変で、やっとの思いで企業研究して自己分析してエントリーシート書いて、大変な思いをしてもメール1通で簡単にお祈りされてしまいます。(お祈りとはその企業から不採用通知が来て落選してしまうということです。)
 
そういう経験を繰り返していると、楽しいことや趣味をやっても全然楽しくなくなってしまいます。
なのでストレス解消方法が分からなくなります。
 
だから就活中は就活の愚痴を話せる友達に話を聞いてもらうとかスポーツで体を動かすとかして就活で積み重なったストレスを解消する方法を見つけないと精神的におかしくなるので、自分のストレス解消法を見つけるようにしましょう。
 
 
内定がバンバン出る人はまあそれがストレス解消になるかもしれませんが…
そんな人は少数派ですので気にしないで大丈夫です。笑
 

2.2 ブログが手につかない!

 
ブロガーにとっては致命的で、
なんといってもブログが手に付かないです。
就活中はやっていることが「就活」のみになってしまうので、ネタが就活しか思い付かない。
 
しかも別にまだ内定を頂いているわけではないので就活記事を書いても説得力がまるで無いです…。
 
内定が出ない、エントリーシートが通らない、面接で落とされるなど就活が進まないと精神的にも辛くなってきてしまいます。
 
そうすると、より一層就活しなきゃ…と就活のことしか考えられなくなってしまうので、よりブログに手がつかなくなります。
 
 
実際、僕もそうでした。
 
 
全然面接通らないし、エントリーシートも通らないし…このままだと本当に就職先がないんじゃないか?何がいけないんだろう?
 
自問自答する日々が続き、ブログを書くなんて自然と頭の片隅に追いやられてしまいました。笑
 
ポジティブシンキングの僕でも一瞬、鬱になり掛けましたね〜。
就活で自殺してしまうなんてよくニュースになったりしますよね?
 
子供の頃は、就活失敗なんかで自殺なんか何考えてんのバカバカしい…って思ってましたけど、実際に就活を経験してみて気持ちは分からなくはないなって思うようになりました。
 

2.3 財政難に陥る

 
就活をすることでバイトをする時間が無くなり、その分給料が入ってこなくなります。
 
なので、自分の中でいつも以上にやりたい事、欲しいものに制限がかかってしまってしまいます。
 
財政難に陥るとさらに、2.2 ブログが手に付かない!で述べたようにブログが手に付かなくなります。
ブログ記事を書くときはだいたい、食レポや本のレビューなどオピニオン記事以外はお金をかけています。
 
収入が少なくなって、
いつもは買えていたはずの本や食べ物が買えなくなる・節約する→書ける記事が減ってしまう
という悪循環に陥ります。
 
財政難は大きな痛手でしたね〜…
バイトしたいけど、する余裕がないし、しかも就活で交通費がバカみたいに減っていく。
 
なので、ご飯は家で食べるようにする!などの節約法を自分なりに実践するようにしていました。
 

3. まとめ

 
就活は多分、今まで経験してきた以上に辛く苦しいと思います。
 
受験と違って、就活は明確に点数として出ないので、落ちてもその理由を教えてくれないんですから。
 
その理由を自分で見つけていくしかないんです。
 
辛く苦しい就活ですが、内定が出た後の開放感、また終わった後には就活をやる前とは比べ物にならないくらい内面的に成長しているはずです。
 
このメリット・デメリットの記事を読んで就活生の皆さんのお役に立てればなと思います。
 
みなさんが希望の企業に内定することを願っています!