これは買い!話題のSurface Pro 4をレビューしました

シェアする

スポンサーリンク

CMやネット広告、SNSの広告でたくさん見ることが多いSurface Pro 4ですが、
僕もついに…購入しました!!
 
 
他のレビューサイトを見ると、スペックがどうだとか画像加工ソフトを使うとどうだとか音楽編集がどうだとか…
 
もちろんそれも大事なんですよ!
大事なんですけど、ライトユーザー向けに使用感を書いたレビュー記事が少なかった…
 
そこでパソコンに詳しいわけではない僕ですが、詳しくないけどSurface Pro 4が欲しい方もいると思うのでSurface Pro 4のどこが魅力で不満点はどこなのかをライトユーザー向けに書いていきたいと思います。
 
まずは魅力な部分から。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. Surface Pro 4の魅力

1.1 ノートPCにもタブレットにもなる!

 
Surface Pro 4の最大の魅力はこれでしょう。
 
別売りのキーボードカバーを購入するとノートパソコンとして使えますし、取り外すとタブレットとして使えます。
 
使い方は人それぞれですので、タブレットメインで使ってもノートPCメインで使っても満足できると思います。
 
ちなみに僕はノートPCとして主に使用しています。
 

1.2 割と薄くて割と軽量。

usui
 
 
薄さはこのくらいです。
iPhone 6と比べてもそんなに大差ないですよね。
 
重さもキーボードを入れると約1kg。
Surface Pro 4単体だけだと約800g。
 
他のノートPCを持ち運ぶより全然軽いです。
大きさも意外と小さいので普通にリュックやバッグの中に入れて持ち運べます。
 
ただ、寝っ転がりながらタブレットとしてネットサーフィンするとかは重いのでキツかったです。笑
 
タブレットを手に持ってベッドでうつ伏せになって使用することは全然できるのでよくそうして電子書籍や漫画を読んでいます。画面がデカイので(12.3型)読みやすいですよ。
 

1.3 顔認証システム、Windows Helloが有能。

 
これホントにすごいと思いました!
Surface Pro 4にはWindows Helloという顔認証システムが搭載されていてその名の通り人の「顔」を認識してサインインができるという近未来的な技術です。
 
これ認証とか遅いんじゃないのー?とか最初は思ったんですが、
 
顔認証クッソ速いです。笑
ビビりました。
 
設定方法は、
 
 
スタートボタン→設定→アカウントサインインオプション→Windows Helloのセットアップボタンを押す
 
 
こうすると顔認証を設定できますが、事前にPINコード(4桁の数字、なんでも良い)を設定しないとできないので、先にPINコードを設定しましょう。
 
その後、画面の通りに顔をSurface Pro 4の前でセットアップすると顔認証ができるようになります。
 
これのさらにすごいところがメガネをかけたパターンとかけてないパターンなどいくつかの顔を設定できることです。
 
便利ですよねぇー!
 
これであなたが眼鏡をかけてようとコンタクトだろうときっちり認識してくれます。
 

1.4 起動が速い。

 
Surface Pro 4に搭載されているストレージがHDDじゃなくてSSD(HDDよりも高速)っていうのもあるかもしれませんが、電源オフから起動してもクッソ速いです。
 
5秒もあればすぐに起動してくれます。
 
昔使ってたノートPCと比べてみても一目瞭然でした。

1.5 micro SDをつなげられる

 
micro SDを直接つなげられることも魅力です。
 
IMG_2100
 
上の画像の部分につなげることができます。
 
データをmicro SDに入れて持ち運びできるのはいいですねぇ。
 
さらに容量を増やす目的で使うこともできますしね。

1.6 普通のパソコンとさほど変わらないキーボードの打ちやすさ

IMG_2085
 
賛否両論あるみたいですが、Surface Pro 4のキーボードは普通のパソコンと変わらず打ちやすいと思います。
 
IMG_2101
 
画像のようにマグネットで装着するとすぐに認識して文字を打つことができます。
 
IMG_2098
 
さらにキーとキーの隙間ができたことで打ち間違いも少なくなったようです。(前バージョンのキーボードだとキーとキーの隙間はなかったみたいです。)
 
IMG_2099
 
このように浮かせてキーボードを使用するとより普通のPCのキーボードの使用感に近くなります。
 
さらにキーボードにはバックライト機能が搭載されているので暗い場所でもばっちり作業できます!

2. Surface Pro 4の不満点

2.1 バッテリーの減りが早い。

 
これはタブレット兼ノートPCという高性能さゆえなのかもしれませんが、使っていると結構すぐ減ります。
 
公式では9時間持つと書いてありますが、どうなのかなぁ…
 
明るさを抑えたり、搭載されているバッテリー節約機能をオンにすれば伸びるのかもしれません。
 
また試したことがないのでわからないですが、充電なしだと1日持たないんじゃないでしょうか?
 

2.2 無線LANがたまにつながらないことがある。

 
これはSurface Pro 4というより、Windows 10の不具合なのかもしれませんが、たまに無線LANにつながっているはずのにネットワークアクセスなしとなってしまい、ネットにまったくつながらなくなってしまうことがあります。
 
これは他にWindows 10のPCを購入された人も言っていることで、時間が経つとまたつながるようになります。
 
早くこの不具合を解消して欲しいですね。
 
この記事を書いて2ヶ月と少し経ち、気づいたことがあります。(2016年4月9日追記)
 
 
それは、USBメモリを挿したままでネットにつなごうとしても、ネットにつながらない!ということです。(無線LANにおいて)
 
 
どなたか同じような症状の方いますかねー?
USBメモリを挿すとネットにつながらなくなって、抜くとまたつながるようになります。
 
いやそんなことねーよwとか、わたしもそうです!という方はコメントくれるとありがたいですm(_ _)m
 
PCの知識に疎いもので…果たして対策はあるのでしょうか?
 

2.3 スリープモードからの復帰方法が分からない。

 
ふつうに電源ボタンを消すとスリープ状態になるのですが、スリープにして時間が経つと電源を押しても反応しなくなります。
 
そこで長押しすると画面は真っ暗なまま。
強制終了になってしまってシャットダウンしてしまったようです。
 
また長押しすると復帰します。
 
タブレットのように軽い気持ちで電源ボタンで電源オフにすると痛い目見ます。笑
 

2.4 値段がわりと高め…

僕が購入したSurface Pro 4のスペック(core i5、メモリ8GB、SSD 256GB)の値段は約17万5千円ほどでした。一番スペックが低いものでも11万円ほどしてしまうので即決で買えるものではありません。
 
これくらいの値段ならむしろMac book airMac book proを考えてしまう人がいるでしょう。
 
ただ、僕が今回Macを選ばなかった理由としては、今までパソコンでMac OSを使用したことがなく、不安だったこと。Surface Pro 4はWindowsであることが大きく、WordやExcel、PowerpointのようなMicrosoft officeが動作するのでレポートや研究プレゼンの資料作成が今まで通りできるということ。
 
です。あまりパソコンに詳しくない僕としてはMac OSの使用に尻込みしてしまいますね…
 

3. おわりに

Surface Pro 4は買いか?という記事が見られますが、ライトユーザーの僕は買いだと思います。
スペックが高いのに、軽くて持ち運びがしやすい。タブレットとしてもノートPCとしても使える…
現時点で最強のタブレット兼ノートPCだと思います。
 
あといろんなレビューを見ると、Surface Pro 4は初期不良が多いと書いてあり、買った直後にひたすら不安に苛まれましたが、初期不良はなくてホッとしました。
 
また、Surface Pro 4に本当にピッタリのマウスがあります。
こちらの記事に詳しく書きましたので、良かったらどうぞ。
 

そして、最後にSurface Pro 4ではパソコンがクラッシュしてしまった際の回復ドライブの作成は自分でしなければならないようです。

こちらのブログが参考になるので買った方は回復ドライブの作成をするようにしましょう。

→ Surface Pro 4を買ったら、まず回復ドライブの作成を