ガチの初心者がサーフィンをやれるのか?実際にやってみた感想とレビュー

シェアする

スポンサーリンク
 
つい先日、人生で1度は経験してみたい!と思い、サーフィンの初心者講習を受けてきました!
 
サーフィンって波に乗れるとめちゃめちゃ楽しかったです!
ホントにハマってしまいそうなくらい初心者でも楽しめました。
 
 
え?でもサーフィンって難しいんじゃないの?
やってみたいけど…道具揃えるのキツイでしょ。
泳げないとムリなんじゃないの?
 
 
って思っている人、いるかと思いますが、
 
全然そんな事なく、初心者でもサーフィンを楽しむ事が出来たので感想やらなんやらを書いていきたいと思います。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. サーフィンは初心者には難しいのか?

 
まず、サーフィンは初心者には難しいなんてよく思われていませんか?
 
 
あまり泳げない人でも、スポーツにセンスがない人でも大丈夫です。
 
サーフィンの初心者講習を受け、サーフィンのやり方をきっちり学べば、波に乗ってボードに立つという所までみんなできるようになっていました。
 
全員が初めは初心者です。
 
初心者の僕が受けた感想は自分の中で感覚をつかんで練習を積めば全然やれそうだなという感じでした。
 
だからこそ、難しいこと考えずにやってみる!という気持ちが大事だと思いますよ。
 

1.1 泳げない人でもサーフィンは楽しめる!

 
その中でみんな思うのが、
 
泳げない人ってサーフィンダメなんじゃない?
 
って思ってしまうことです。
 
サーフィンはサーフボードの上に乗って移動するので泳ぐ事とは全く別物です。
 
中高6年間水泳部の僕が言うんだから間違いありません。
 
1mも泳げない、水が怖い…とかレベルの人はもしかしたら無理かもしれませんが、5mくらいなら泳げるという方なら絶対にサーフィンは出来るので心配しないでください。
 
サーフィンにはサーフィンの手の使い方や足の使い方があるので、それを学べば誰でもサーフィンを楽しむことができると思いますよ。
 

2. サーフィンは初心者講習を受ければ大丈夫!

 
今回、お世話になったサーフィンスクールは江ノ島にあるMISTYというスクールです。
 
小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩1分のところにあるサーフィンスクールです!
 
SnapCrab_NoName_2016-6-12_19-26-30_No-00
 
MISTYの初心者講習で、サーフィンの基礎から教えてもらい、最終的に波に乗ってサーフボードの上に立つという所までやる事ができました。
 

2.1 実際にサーフィン(初心者講習)をやってみた感想

 
初めに先生の紹介があり、雑談でかなり緊張をほぐしてくれます。
2人先生がいますが、2人ともすごく優しい先生でした。
 
またサーファーはチャラそうってイメージがありましたが、
チャラいなんてイメージは全くありません。
 
 
使うサーフボードはロングボードと呼ばれる長めのボードです。
長いサーフボードの方が安定するため、初心者に乗りやすいという理由があるそうです。
 
 
初心者講習ではまず、ボードの上に立つイメージをつかむために陸の上でうつ伏せになり、そこから立つ練習をします。
 
サーファーは皆、テキトーに立ってるように思えますが、うつ伏せから立つまでのフォームがかなりしっかりしていました。
フォームが崩れていると、サーフボードの上に立つ事ができません。
 
その後、沖までパドリング(サーフボードの上にうつ伏せに乗り、手をかいて泳ぐ事)で泳ぎ、実際に波に乗ってボードに立つという所まで講習を受けました。
 
 
え!初心者講習1回で波に乗って、ボードに立つ所まで出来るようになるの!?
って初めはビックリしました。
 
 
沖まで出たら、先生の指示に従って何回か波に乗るのですが、初めは全然立てませんでした。
 
周りの講習生が次々と立てるようになっていく中で自分だけ立てていない…
 
くそ〜俺も立てるようになりたいと思っていたら、
最後の最後で…
 
 
ついに波に乗ってサーフボードの上に立ち、サーフィンする事ができました!
 
 
最後に岸まで戻って、先生からフィードバックを受け、講習は終了です。
 
2時間半というサーフィンの講習でしたが、時間があっという間に過ぎ去ってしまいました。
 
いやぁ〜サーフィン凄い楽しかったですねぇ〜!
波に乗るという感覚がこれまでにない感覚で、何回でも波に乗りたいと思いました。
 
 
これたぶん、1日中サーフィンしてられると思います。
初心者でもそのくらい楽しむことができました。
 
サーフィン考えた奴マジで天才すぎるだろ。笑
 

2.2 サーフィンするのに必要な道具

 
え?でも道具とか色々必要なんでしょう?
って考えてる方、全然そんな事ありません。
 
必要な道具は、
 
・水着
・タオル
・シャンプー
・ビーチサンダル
・日焼け止め(特に女性の方)
 
だけです。
用意するのはたった4つ(5つ)ですよ!?
 
それ以外に必要な水着の上から着るサーフィン用のウェットスーツとサーフボードはレンタルですので、心配ありません。
 
これだけなら簡単に揃えることができますよね?
 

2.3 サーフィンの初心者講習の金額

 
気になるお値段ですが、MISTYでは初心者講習1回で4,500円でした。
 
飲み会1回我慢すればサーフィンできますね。
 
さらに3回、5回コースもありそれぞれ、
 
・3回コース 12,000円
・5回コース 18,000円
 
でした。
回数の有効期限が1年間なので友達と日程を合わせて天気も見ながらやれるようなのでイイですね。
 
サーフィンをもっと上手くなりたい人向けにステップアップスクールも用意してあり、1回(2時間) 3,240円(ボードレンタル料金の場合は別途必要)です。
 
 
ロングボードで、
・1時間 2,400円
・2時間 2,800円
・3時間 3,400円
・1日 4,200円
 
となっています。
 
MISTYにはさらに定額制レンタルクラブというたくさんサーフィンする人向けのプランもあります。
 
また、シャワーは5分300円でした。
 

3. サーフィンについてよくある思い込みについて

 
結構、サーフィンはチャラい、男がやるスポーツ、寒そうとか良くないイメージを僕は持っていました。
 
しかし、サーフィンってその思っていたのと違う…というのが本音でした。
サーフィンに謝りたいです。
 
本当にすみませんでした。
 
ということで悪いイメージを払拭する意味でも書いていきたいと思います。
 

3.1 意外にも女性の方が多かった。

 
僕が受けた時間の講習は、僕含め、男性3人、女性5人でした。
 
 
え!じょ、女性の方が多いじゃん!
 
ってなりました。笑
 
サーフィンって今、女性に人気なんでしょうか?
海に出たときに、他のスクールの人を見ても女性率がかなり高かったです。
 
サーフィンは男性のスポーツっていう凝り固まった思い込みが良い意味でぶち壊されました。笑
 
サーフィンは女性に大人気なんですね!!
 

3.2 サーファーは全くチャラくない!

 
ドラマや映画なんかで出てくるサーファーはチャラい人が多かったので、実際もそうなのかななんて思っていました。
 
しかし、実際に教えてくれた先生はとても親切に優しく丁寧に教えてくれました。
 
さらに、サーフィンにもワンマンワンウェーブなど、サーファー間で守るべきマナーやルールがあった事に驚きました。
 
サーファーはテキトーに波に乗ってるわけでは無いんですね…。
 
サーフィンはチャラいスポーツではなく、かなり紳士のスポーツであると感じました。
 

3.3 海だから寒そう…

 
これは全く問題ありません。
 
水着の上から着るウェットスーツが密着性が高く手足長袖なので、海水が全く入ってきません。
 
まだ海水浴ができないこの時期でも冷たいと感じることなくサーフィンを楽しむことができます!
 
むしろ手をかいたりしているので海に入っているのに暑いくらいでした。
 
陸上でウェットスーツを着ていると、汗が噴出すほどです。
 
なので、海の冷たさは全く問題になりませんでした